@nifty WiMAX2+の通信制限について

@nifty WiMAX 2+通信制限

 

 

@niftyだけには限らないのですが
WiMAX2+では通信速度に制限がかかる場合があります。

 

大きくわけて、3日10GBの通信制限と

 

LTEオプション利用時の制限がありますので
個別にわけてまとめてみますね。

 

3日10GBの通信制限について

 

WiMAX2+では、データ端末や契約プラン、契約先一切関係なく
直近3日で10GBの通信量を超えると、速度に制限がかかります。

 

翌日の18時ごろから翌々日の2時ごろまで
速度が概ね1Mbpsに制限されます。

 

当初は3日で3GBの通信制限でしたが
2017年2月より3日で10GBのデータ容量に緩和されました。

 

制限がかかる時間帯も混雑する夜間のみ
日中は制限がかからなくなったこともメリットですね。

 

LTEオプション利用時の通信制限について

 

ハイスピードプラスエリアモード利用時に

 

au4GLTEとWiMAX2+の合計通信量が月7GBを越えると
当月末まで速度が128kbpsに制限されます。

 

この通信制限はギガ放題の契約でもかかってしまいます。

 

さらに、ハイスピードプラスエリアモードで制限がかかると

 

ハイスピードモードのWiMAX2+に切り替えて利用しても
速度が128kbpsに制限されてしまいますので注意が必要です。

 

つまり、ハイスピードプラスエリアモードで制限がかかると
すべてのモードで速度が低速制限されるわけですね。

 

この通信制限は厳しいですから
ハイスピードプラスエリアモードを利用するときには

 

月7GBの通信量以内にとどめておくことが大切ですよ!

 

 

 

TOPへ