@nifty WiMAX 2+サービスエリア判定方法

@nifty WiMAX 2+エリア

 

 

@niftyだけには限らないのですが

 

WiMAX2+は、サービスが提供されていないエリアでは
インターネットに接続することができません。

 

つまり、利用することができませんので、契約前に

あなたの自宅や職場でサービスが提供されているかどうか?

 

サービス提供エリアの判定を必ずやりましょう!

 

@nifty WiMAX2+サービス提供エリアの判定方法は

 

 

 

開いたページを下へスクロールしていくと

 

 

@nifty WiMAX 2+ピンポイント判定

 

 

お申し込みの流れ⇒提供エリアの確認という部分があります。
提供エリアのページをクリックしてください。

 

 

@nifty WiMAX 2+エリア地図

 

 

このような、日本地図のページが開きますね。
ピンポイントエリア判定をクリックしてください。

 

 

@nifty WiMAX 2+ピンポイントエリア判定

 

 

そして、住所を入力する欄に、あなたの自宅、職場など
番地や号まで詳しく入力して調べてみてください。

 

@nifty WiMAX 2+サービス提供エリアの判定は

 

自宅や住所、学校など、あなたがネット接続を利用する場所の
住所を番地や号まで詳しく入力して検索することが大切です。

 

以下のような結果であれば
@nifty WiMAX2+のサービスが提供されています。

 

 

@nifty WiMAX 2+エリア○

 

 

以下のような結果であれば
@nifty WiMAX2+のサービスが提供されていません。

 

ですので、申し込みは控えておきましょう。

 

 

@nifty WiMAX 2+エリア外

 

 

なお、WiMAX 2+がエリア外の地方でも
ネット接続が利用できるwifiとして人気なのがNEXT mobile

 

ソフトバンクLTEエリアに対応していますので
日本全国広い地方でインターネットが利用できますよ。

 

また、下図のような微妙な判定結果もよくあります。

 

○〜△の場合

 

 

@nifty WiMAX 2+エリア○〜△

 

 

△の場合

 

 

@nifty WiMAX 2+エリア△

 

 

このような判定結果がでた場合は
トライワイマックスの活用をおすすめします。

 

また、○と結果が出た場合でも契約前に
Try WiMAXで電波状況を確認しておくことをおすすめします。

 

Try WiMAXとは、UQコミュニケーションズのサービスで
15日間無料で端末がレンタルできるサービスです。

 

 

@nifty WiMAX2+を契約する前に

 

実際にあなたの自宅や職場などで、WiMAX2+に接続して
電波の状況をテストすることができるわけですね。

 

あるいは、あなたの身近にWiMAX2+を契約している方がいれば
データ端末を借りるなどで、試してみる方法もあります。

 

いずれにしても、@nifty WiMAX2+契約前に
自宅や職場で接続テストをやっておくと安心できますね。

 

@nifty WiMAX 2+エリア判定

WiMAXはクーリングオフ対象外となっていますので
(初期契約解除制度は導入されてきましたが)

 

契約後のキャンセルは
その時点で解除手数料の対象になっちゃいます。

 

高額の違約金を支払うのはもったいないですから
しっかりテストを済ませてからの契約がおすすめですよ!